お尻のぶつぶつ

お尻ニキビ > お尻のぶつぶつをこれは何?どうすれば治る?

お尻のぶつぶつをこれは何?どうすれば治る?

お尻 ぶつぶつ

お尻がぶつぶつになる悩みは、実は多くの方が抱えている悩みでもあります。
しかし、お尻にぶつぶつができることに困ってはいるとは、中々人に相談しにくいですよね。

デリケートな部分であり人に相談しにくい部位の為、情報も入手しにくく、間違った対策をしてしまう方が多いのが現状です。

つる子もそのあたりが凄く気になった時期もあり、その時に徹底的に調べたので、紹介しておきますね。

つる子が教えていこうとする画像

お尻のぶつぶつの正体は何?

お尻にぶつぶつができた時、考えられるものは下記の2つが一般的です。
  • あせも
  • ニキビ
この2つのどちらかが、お尻のぶつぶつの正体です。
あせもとニキビの決定的な違いは、
あせもは凄く痒い
ニキビは痒くない

自分のお尻のぶつぶつが何かを見極める基準はこれだけです。

なので、椅子に座った時などにお尻に痛みを感じて、お尻のぶつぶつに気づいた場合は、お尻ニキビだと思ってください。

逆にお尻が痒くて仕方がないという方は、あせもだと思ってください。

つる子が教える画像

この他にも、粉瘤というものがあるですが、それはお尻にできるぶつぶつとしてはかなり稀なケースです。

粉瘤もお尻にできるぶつぶつだからと、一緒に紹介しているサイトが多いため、それを見た人が錯乱してしまうのでしょう。

粉瘤は基本的に痛くも痒くもないものです。もしも痛みがある場合は膿んできている証拠なので、皮膚科を受診することをおすすめします。

念のため粉瘤のことも説明しておきますが、粉瘤には特有の臭いがあったり(臭い)、黒い点が中央に見えたり、どんどん大きくなるという特徴があります。


誰にも知られず、手軽にぶつぶつお尻ニキビを対策するならセルフケア!

お尻の状態が心配。症状が重いという方以外なら、お尻専用コスメなどを購入して自分で対策しちゃった方がいいです。

お尻の保湿ケアや上記でお教えした事を実践するだけなので、セルフケアと言ってもかなり簡単ですよ(^^)
そして、ぶつぶつのお尻を誰かに見られる心配もありません。

調べてみるとお尻専用のケアコスメも探してみたら意外にあります。

ちなみに、特におすすめなのは「ピーチローズ」です。つる子はこれで対策できました。

ピーチローズはお尻ケアの専用の薬用美白ジェルで、お尻ニキビや黒ずみ・シミにも高い効果を発揮することが売りの商品です。
誰にも言えないお尻の悩みもピーチローズなら、これひとつで解消できてしまいます。

>> ピーチローズの詳しい解説はこちらのページでもやっていますよ(^^)

お尻のぶつぶつニキビ、あせもができる原因は何?

あせもができる原因は詳しく書くとややこしい言葉がいっぱい出てくるので、あせもの原因を簡単に説明します。

あせもができる仕組みは、大量に汗をかいた状態を放置していると、汗が皮膚表面にたまって水ぶくれができ、それが炎症して痒みを発生させます。

だからあせもはでき時は広範囲にできるんです。

つる子が教える


一方ニキビは、皮脂が過剰分泌される事で発生しやすくなると言われています。

ただ皮脂線は顔以外にもあるものなので、お尻ニキビができるのも特に珍しい事ではありません。
お尻ニキビができる時というのは、ニキビの原因となるアクネ菌が、お尻でたくさん増殖している状態が関係しています。
そしてニキビの原因となるアクネ菌の増殖は、皮脂の分泌が過剰に行われていたり、古い角質や汚れが毛穴に詰まっていると引き起こされます。

つる子が教える画像2

お尻は角質層が分厚く、硬くなりやすい部位です。
角質層が硬化すると厚みも増え、毛穴が塞がりやすくなります。
そうなるとアクネ菌の増殖にもつながり、ニキビや肌荒れの原因となってしまうのです。

お尻のぶつぶつが痒くない方は、お尻ニキビである可能性高いです

つる子が教える画像医者版

お尻ニキビの対策方法とは

常に清潔を心掛ける
ニキビの元となるアクネ菌の増殖は、お尻に余分な皮脂や角質を溜まらないようにケアする事で防ぐ事ができます。
  • 汗をかいたらすぐに拭き取る、または着替える
  • 下着は常に清潔なものを着用する
清潔にはお風呂が欠かせません。
皮脂や角質は悪いものと捉えている方もいると思いますが、不足してしまうと肌が乾いた状態になります。
健康的な肌のためにも清潔さは必要ですが、お風呂で強くお尻を擦り過ぎる、洗浄力の高い製品を使用するのは避けてください。
  • ボディーソープは固形石鹸に変える
  • マイルドな製品を選ぶ
  • 洗い残しにも注意する
  • お湯や湯船の温度は高めに設定しない(40度前後)
お尻に負担を与えない
常に負荷を与える事になるので、長時間座りっぱなしの体制でいるのは避けましょう。
仕事などでどうしても無理という場合は、負担を減らす工夫をしてください。
  • 椅子の上にクッションを敷く
  • 時々立ち上がって体制を変える
  • サイズの合っていない下着や洋服は避ける
生活習慣を整える
ニキビの予防や改善には、食事や睡眠なども重要になります。身体の内側からケアする事で、乱れたホルモンバランスも整い、肌の状態もよくなりますよ。

食事 バランスよく3食とるのが基本。ニキビにはビタミンの摂取が効果的
睡眠 質のいい睡眠はストレス発散や、ホルモンバランスを整える効果がある。
昼夜逆転の生活は厳禁。朝は日の光を浴びる事。
保湿を行う
肌の乾燥はニキビや肌荒れの元となります、乾燥を防ぐ一番簡単な方法が保湿ケアです。

保湿はお風呂上がりに行いましょう。
お風呂上がりは肌が乾燥しやすいので、保湿をすればニキビ対策としても効果的ですし、服を脱ぐ手間も省けます。
しかし、厳しいようですが、硬くなったお尻の角質層では保水効果はあまり期待できません。成分が浸透しにくくなっているのです。
お尻のケアには普段使っている顔や身体用のクリームやジェルより、専用のコスメを使ったほうが効果的です。
お尻用の製品は成分が浸透しやすい物が多いですし、改善の近道にもなります。

お尻ニキビで悩む方以外にも、お尻の黒ずみやシミでお悩みの方も多くいるはず。
お尻の全ての悩みがひとつの製品でケアできると、楽じゃないですか?

お尻ニキビのセルフケアとプロの治療による違いとは?

お尻ニキビのケアや治療は専門家を頼るのもひとつの手です。

専門医に診察してもらう事で、適切な診断や治療を受ける事ができます。
代表的な治療方法は以下のとおりです。

つる子の医者版ポイント

皮膚科

皮膚科での治療は投薬治療が中心です。
お尻の表面の状態を整える塗り薬と、身体の内側から作用させる飲み薬が処方されます。

お尻ニキビの症状が重いと感じる場合、は皮膚科で診察を受けるようにしましょう。

エステサロンや美容クリニック

美容器具による施術、ピーリングなどを行います。お尻ケア専用のコースがあるサロンもありますが、美容効果を目的としたお手入れが中心です。

専門医から治療を受けるという事は、当然時間を作って通院する必要があります。
また、セルフケアに比べてお金もかかるため、治るまで通い続けるのが負担に感じる場合も。

クリニックやサロンを選ぶ時、事前に情報や口コミを調べておいて参考にするという事が多いと思います。
ですが、地域によってはそれも不足していて、結局どこを選べばいいのか分らないという事もありますよね。

そして、一番抵抗を感じるのはお尻を他人に見られるという事。

つる子が悲しい顔してる

当然ニキビで悩んでいる訳ですから、きれいとは言えません・・・
まして、先生が男性となると「絶対無理!」と感じる方もいるはずです。



そんな悩みをずっと抱えてる方に試していただきたいのは、つる子が救われたこの商品!決め手になったのは「返金保証がある」点でした!


敏感肌のつる子は肌に合うかも心配でしたし、効果が出なくてムダ金になったら嫌だなあと思ってましたが、60日間の保証があったので安心して試すことができました(^^)


ピーチローズのほかにもおすすめの商品を調べてみました!特徴や金額なんかもまとめているので是非参考にしてください!

>>その他のおすすめお尻ケアコスメランキングはこちら<<